プロフィール

神 省吾 (カミ ショウゴ)

株式会社アシストロード 代表取締役

NPO法人アシストアーチェリー 理事長

アシストアーチェリークラブ 監督

1994年 滋賀県出身

滋賀県立大津商業高校、近畿大学卒業


中学生の部活で卓球を始めるが、市内最弱校の最弱選手で3年間の公式試合の中で勝利は1回のみ。

高校生の部活でアーチェリーと出会う。

県大会では3冠を達成し、全国でも上位に食い込む。

3年生の時にNPO法人アシストアーチェリーを設立して理事長となり、中古弓具売買を中心に事業を始める。


高校のアーチェリーの成績で近畿大学にスカウトされ入学。

1回生の時に関西学生大会で優勝。

2回生の夏にコンパウンドに転向し、転向後2ヶ月で臨んだインカレで優勝。

3回生のターゲットではインカレ、全日本選手権を含め出場すべての大会で優勝。

4回生の全日は4位に終わる。


大学卒業後は一般企業に勤務しながら選手、事業とも継続。

2018年秋よりアシストアーチェリーの活動を本格化。

弟と株式会社アシストロードを設立して事業に専念する。

2019年3月、土山でアーチェリー教室スタート。

2019年7月、平和堂甲西中央店3Fに甲西アーチェリー場を開設し、アーチェリー教室をスタート。

11月に射場面積を2倍以上に拡大し、第1回アシストカップを開催する。

弓具ではメーカーを目指してオリジナル商品の開発、販売を始める。

2021年2月、5年ぶりとなる全日本タイトルを獲得。翌年も優勝し、2連覇達成。

2022年5月、全日フィールド予選(世界フィールド選手権選考会)を1位通過し、参加標準記録を突破して日本代表に選出される。

翌日の決勝トーナメントでも優勝し、全日本タイトル3冠を達成する。(ターゲット、インドア、フィールド)


競技では、世界一になるため長期的なフォーム改造に取り組む傍らフィールドにも挑戦し、リカーブを再開する。

ベアボウも始め、オールラウンダーを目指す。

常にアーチェリー業界の最先端にいた経験を活かした指導方法に定評がある。

未経験から始めた大人の全日出場、小学生の全日優勝は達成したので、メンバーと一緒に世界大会へ出場して活躍することが目標。


アシストロードのサウンドタイム事業ではベース、ドラムをはじめ、他の楽器にもチャレンジ。

何事にも積極的にチャレンジして競技と事業に結びつけ、公私ともに充実、拡大するのを信条としている。


■ 主なリカーブの成績

2011年 全国強化指定選手に選出

2012年 全国高校選抜 19位

2012年 インターハイ 33位

高校の県大会で3大タイトルを取り3冠を達成

2013年 関西学生アーチェリーターゲット選手権 優勝

■ 主なコンパウンドの成績

2014年 全日本学生アーチェリー個人選手権 優勝

2015年 全日本学生アーチェリー個人選手権 優勝(インカレ2連覇)

2016年 全日本学生アーチェリー個人選手権 2位

2015年 全日本ターゲットアーチェリー選手権 優勝

2016年 全日本ターゲットアーチェリー選手権 4位

2021年 全日本室内アーチェリー選手権 優勝

2021年 全日本ターゲットアーチェリー選手権 6

2022年 全日本室内アーチェリー選手権 優勝(2連覇)

2022年 全日本フィールドアーチェリー選手権 優勝

関西大会など地方大会優勝多数

■ 主な指導実績

アシストアーチェリークラブ 監督

日本代表選手育成

滋賀ヒットアーチェリークラブ 技術顧問