第1回 アシストチャレンジカップ

第1回 アシストチャレンジカップ

2020年4月21日 〜 7月31日 のレッスン、練習時間中の開催部門(男女同一) 距離 使用的
  • リカーブ 5m 80cm

  • リカーブ 10m 80cm

  • リカーブ 18m 初心者・小学生 80cm

  • リカーブ 18m 経験者 40cm

  • コンパウンド 18m 初心者 18m 40cm インナー10

  • コンパウンド 18m 経験者 18m 40cm インナー10
    (全ア連非公認)

会場 甲西アーチェリー場

参加費 500円 (小中学生 300円)
(何度でもチャレンジできますが、別途射場利用料・レッスン料は必要です)

表彰 各部門 1 位 〜 3 位

ルール

開催期間中に各自で行った点取りの 36射×2、合計72射 の得点で競う

  • 連続で72射する必要はなく、36射を2日間に分けても良い(36射は連続で射つこと)

  • 6本射ち、3本射ちのどちらでも良い

  • 期間中は何度チャレンジしても良い(1日1回まで)

  • 練習中に自主的に行った点取りの点数でも可

  • チャレンジする際は「今からチャレンジします!」と宣言するか、チャレンジ中フラッグをクィーバーに入れる

  • 点取りは紙やアプリなどで、素点を含め正確にスコアを記入する

  • 日々ランキングを更新するため、初回チャレンジ時や新記録が出た時は報告する

  • 標的上のギリギリのラインで点数の判断が難しい場合は、スポーツマンシップに則って各自で判断する

  • 2つ以上の部門に参加しても良い

  • 例1 ) リカーブとコンパウンド

  • 例2 ) リカーブ18mとリカーブ10m

  • 経験者は「経験者の部」のみ(経験者の基準はアーチェリーを始めて1年以上の人)

  • 2つ以上の部門で表彰対象になった場合は、距離の長い部門を優先して表彰する

メッセージ

コロナウイルスの影響で、試合がすべて中止になりました。

通常なら6月に第3回アシストカップを開催する予定でしたが、今回は断念せざるを得ない状況です。

普段の射場運営についても、レッスン人数を制限したり、弓具の消毒、練習間隔の保持など、なるべく接触を避けるようにしています。

こんな状況でモチベーションを高める方法は無いかと考えた結果、今回の大会を開催する事にしました。

この方法なら人と接触すること無く、大人数で競うことが出来ます。

仲間と集まって盛り上がる大会ではありませんが、自分の限界をどこまで高められるか、自分を見つめ直す機会になると思います!(2020年4月)